インドア女の備忘録

インドア女の備忘録

\ 社交的になりたい /

『エージェント・オブ・シールド』 シーズン5・18話~最終回 あらすじ&ネタバレ

今週でとうとう最終回です!!コールソン達は架空世界から無事帰ってこれるのか。懐かしいあの人も登場しました。今回の記事も長いです!w

 

 

ここから先はあらすじとネタバレがあるので、ご注意!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17話 反対の世界

f:id:xxxxlv69:20170910153803j:image

あらすじ
  • デイジーは、コールソンに起きてる事全てを説明する。ヒドラに疑問を抱いていたコールソンは納得、断片的に元の世界の記憶も持っていた。シモンズと合流した後。ウォードの協力もあって、コールソンとシモンズはレジスタンスと会うことに。デイジーは、この世界にいるラドクリフの情報を手に入れるため、トリスケリオンに向かう。
  • ”鏡の国プロジェクト”を任されているフィッツは1人の反乱分子に”マダム・ヒドラ”ことエイダが必死になっていることを不思議に思うが、彼女からシモンズのことを聞き、自分のチームで対処することにする。
  • マックは娘のホープと暮らしている。ヒドラをよく思っていないが、娘と二人で普通の暮らしを送っている。
  • デイジーはラドクリフの情報を手に入れ、ウォードとトリスケリオンを出ていこうとするが、メイに引き留められ、ラドクリフの情報をウォードに託す。
  • レジスタンスに会ったコールソン達は、シールド本部に連れられ、そこで”パトリオット”ことメイス長官に会う。そこでは大勢の潜在的インヒューマンズが保護されていた。ラドクリフの情報を持ち帰ったウォードと、コールソン、シモンズはラドクリフの元に向かう。
  • フィッツの指示で、反乱分子の逮捕に向かったデイジー。ターゲットだったマックを捕まえるが、尋問の最中、メイに脅されたマックにはめられ、反乱分子であることがヒドラにバレて捕まってしまう。
  • フィッツはジェマがもう一つの世界から来た人間だと知る。エイダはその世界にいる”敵”を倒さなければならないと説明する。
  • シモンズ達は島に監禁されているラドクリフを見つけるが、フレームワークから逃げる事は出来ないと言われる。また、抜け穴を見つけたエイダにラドクリフも殺された事、エイダがサスペリアーの持つ掘削基地にコールソン達を隠している事を知る。そこにコールソン達を探しに来たエイダとフィッツ。アグネスを見つけたフィッツは、エイダの嘘を信じてアグネスを殺してしまう。銃撃戦になる中、3人は無事に基地へ戻る。
  • フィッツが人を殺したことにショックを受けるシモンズ。そこにマックがデイジーについての情報を持ってくる。

 

 

感想

コールソンが全部ではなくても、少し記憶を取り戻しました!そして、メイス長官率いるシールドと合流。かと思いきや、デイジーとラドクリフは人に捕まってしまって、まだ反撃開始とは言えません。フィッツは本気でエイダを愛してるようだし、シモンズを見ても何とも思わないようで…。あんなのフィッツじゃない~~。フィッツをどうやって元に戻すのか気になります。

 

 

18話 後悔と人生

あらすじ
  • コールソンとメイスは、ヒドラの捕虜になっているある人物のため、ヒドラの護送車を襲う。シモンズはメイスとウォードに全てを話すが、信じてもらえない。
  • ヒドラの施設に侵入したコールソンとメイスたちは、捕虜になっていたトリップを助け出す。そこで教え子を見たコールソンは、子供たちが洗脳されているのを見つける。ステロイドを打ってメイスを倒しにきたメイは、彼に負け逃げられるが、フィッツの指示でメイスやコールソンのいる建物を爆撃する。メイは、メイスの安否を確認しに行った建物内に子供がいたこと、メイスが子供を助けるため犠牲になったのを見て、ヒドラを不信に思い始める。
  • トリスケリオンに帰ったメイは、この世界を壊す力があるというデイジーの言葉を聞いて、テリジェンの結晶を叩き壊す。
感想

ここでトリップが登場!!!そりゃウォードが出てきたんだから、誰が出てきてもおかしくないですよね~。AoSで一番良い人だと思ってるトリップの再登場は、嬉しいサプライズでした。とにかく善人で、コールソンを信頼しきっていたトリップは、この世界でもとにかく良い人でした。しかし、ここでメイス長官が亡くなってしまいました。架空世界の中で死ぬと、元の世界でも死んでしまうのを忘れてました(笑) 他のメンバーが無事に戻れるのかも、不安になってきます...。

 

フィッツがあの性格になった一番の原因は、どうやら父親の存在が影響してるみたいですね。そうなると、元のフィッツに戻すのはかなり難しそうです。そして、メイ!!記憶を取り戻したわけではないけど、コールソン達の味方になってくれそうですね!ラストのデイジーとメイが笑ったあのシーン、かっこよすぎでしょ~~。メイスを失ったのは痛手だけど、メイが味方となると心強いです。

 

19話 マダム・ヒドラの野望

あらすじ
  • バクシがキャスターを務める番組が、ヒドラの施設襲撃事件とテロリストとしてメイスの死亡を世界に伝える。架空世界で、インヒューマンズの力を手に入れたデイジーはメイと一緒にトリスケリオンから逃げ出す。デイジーにトリスケリオンから落とされたエイダは、下半身不随の体になる。
  • 元の世界のエイダは、デイジーとジェマをフレームワーク存続には脅威であるとして、サペリアーに2人を見つけるよう指示する。
  • スカイがメイと共にトリスケリオンから逃げ出したニュースが流れ、焦ったウォードはコールソンを説得して、スカイ捜索に向かう。
  • シモンズは、トリップが持ち出したヒドラの資料から、量子エネルギー操縦装置の設計図を見つける。その装置の部品を、サペリアーの掘削基地に送っていることを知り、2人で偵察に向かう。基地には何もなかったが、シモンズはトリップの聞いたサペリアーの掘削基地が本当の世界の基地ことだった事、そして、エイダが装置を使って本物の人間になろうとしている事に気付く。
  • デイジー達は、連絡員と合流するが、ヒドラの追手に追いつめられるが、そこに来たコールソン達の助けで、無事に逃げ出し、シールドの基地へ辿り着く。
  • 意識を取り戻したエイダに頼まれ、フィッツは”鏡の国プロジェクト”を完成させる。
  • コールソンとデイジー達はバクシの番組を乗っ取り、コールソンが世界中にメイス死亡についての真実を教える。すると、大勢の人がヒドラに立ち向かうようになる。
感想

ウォードとトリップが再登場して、ヒドラの人間も誰か出るんだろうな~と思ったら、バクシがニュースキャスターとして再登場!相変わらずヒドラに忠実な人間ですね(笑) こちらの世界でも、コールソンはフューリーにシールドに誘われてたことが分かりました。断ってしまったようですが。ウォードも元の世界と同じような経緯でシールドに入ったようですが、誘ってきたのはギャレットではなく、ヴィクトリア・ハンドだったようです。だから、こちらの世界では真っ当な人間なんですね~。それだけに、この世界のウォードがとにかく可哀そう...。

 

シーズン前半、ロビーの叔父イーライが作っていた装置が、架空世界でも登場、”鏡の国プロジェクト”という計画が、架空世界から本物の世界に行く計画である事が分かりました。さらに、エイダが量子エネルギー操縦装置を使って、本物の人間になろうとしてる事も判明。こんな事、普通は出来ないけど、”ダークホールド”のせいで何でも可能になってますね。

 

元の世界に帰っちゃえば、全て解決するのに、プログラムで作られた架空世界も救おうなんて、コールソンらしいですね。最後には、コールソンが世界に呼びかけたおかげで、世間の動きも変わってきました。

 

20話 出口

あらすじ
  • 現実の世界:デイジーとシモンズがフレームワーク内に入ってから、ヨーヨー達の乗るバスは、フレームワークに大量の燃料を使い、燃料切れを起こすのも時間の問題だった。さらに、バスを探していたサスペリアーに見つかるが、燃料が足りずに反撃も出来ない。
  • 架空世界:シモンズは、掘削基地の偵察で分かったことをデイジーに話す。ラドクリフから出口を聞いていたデイジーは、一度フィッツを諦めるように言うが、シモンズは納得できない。コールソンは、メイにこの世界が偽物だと話すが、信じてもらえない。
  • ラドクリフは、フィッツに現実世界でも肉体を蘇らせることが出来ると聞かされ、デイジーに教えた出口のことを話してしまう。
  • フィッツが父親の影響で変わってしまったことを知ったシモンズは、フィッツの父親に会いに行く。そこにフィッツを呼ぶよう電話させるが、自分のことを話した父親を誤って殺してしまう。父親の死体を見たフィッツは、シモンズを殺すため、ラドクリフと共に出口に向かう。その頃、エイダは自分の体を現実の世界に送り始めていた。
  • 掘削基地に着いたデイジー達だったが、何も聞いていないマックは、デイジーとシモンズの話を信じない。ヒドラに襲われる中、デイジーが力を使うと、出口が現れる。最初にコールソンが出口に飛び込むと、この世界がプログラムである事が目で見えるようになる。メイも出口に飛び込み、シモンズが続こうとするが、父親の復讐に来たフィッツに襲われる。フレームワークを作ったことを後悔していたラドクリフがシモンズを助け、フィッツを出口に押し落とす。デイジーはマックにも出口に入るように言うが、この世界が偽物と理解した上で、娘のいない世界に帰りたくないマックは架空世界に残ることを選ぶ。
  • 現実世界:架空世界での研究のお陰で、インヒューマンズの力を手に入れたエイダは、フィッツを連れてテレポートしてしまう。デイジーとシモンズの戻ったバスでは、サペリアーからの攻撃を受けていた。
感想

やっと現実世界に帰ってる事が出来ました!!!ただし、マックを除いて。あんな良い娘を持ったら、そりゃ帰れないよな~~。デイジーとシモンズの乗ったバスはサスペリアーに襲われるし、フィッツはエイダに連れ去られるしで、まだまだ問題は山積みです。

 

21話 帰還

あらすじ
  • フィッツを連れ去られたコールソン達は、LMDのサペリアーに襲われるが、マックが戻らないため逃げることもできず、部屋に立てこもる。
  • サペリアーの追手から逃れたデイジー達は、コールソン達を迎えに掘削基地に向かう。デイジーは、ヨーヨーに、マックがホープを選んだために現実世界に戻ってないことを教える。デイジーとシモンズは、シールド基地の破壊のせいで自分たちがタルボットに追われてること、メイスの遺体が見つかったことを知る。
  • 人間になった喜びを感じるエイダは、未だにパニックになっているフィッツに架空世界でしたことを教える。エイダは父親との関係以外に、シモンズと出会うはずだったアカデミー初日の出来事に自分を割り込ませていた。
  • LMDのサペリアーを数体倒したコールソン達だったが、掘削基地を爆撃される。掘削基地が水没し始め、地上へ逃げる2人は迎えに来たデイジー達に助けられる。サペリアーがコールソン達を襲うことに気付いたエイダは、サペリアーを止めようとするが、それも出来ず、フィッツと2人で眠っているマックを助け出す。
  • シールド基地に戻ったコールソン達は、エイダとフィッツを隔離室に閉じ込める。現実世界に戻ったフィッツがシモンズを選ぶことを知ったエイダは、怒りフィッツを連れてテレポートで逃げ出そうとするが、隔離室のせいで出来ない。その様子をモニターで見ていたジェマが助けようとするが、逮捕にきたタルボットのせいで身動きが出来なくなる。
  • フィッツはエージェントに助けられるが、エイダはリンカーンと同じ力を使って、隔離室から逃げ出し、フィッツ達やタルボットの部下を襲い始める。エイダは銃で撃たれ倒れたように思えたが、彼女が不死身の力を得ていることを知っていたフィッツとメイの指示で、タルボット達を残し、バスで飛び立つ。
  • タルボットから逃げるため、飛び続けなければならなくなったコールソン達。そのころ、ヨーヨーはマックを連れ戻すため、フレームワーク内に入っていた。
  • サペリアーと合流したエイダは、コールソン達を苦しめる事を決意する。
  • 瓦礫の残るシールド基地。コールソン達を助けるために作ったゲートが作動し、中からゴーストライダーが出てくる。
感想

マックも助けてくれて、エイダはもしかしたら良い人かも?なんて感じもあったけど、フィッツに振られて悪人になってしまいました。それを助けるのは、LMDの体を持つサペリアー。残り1話で倒せるのかって感じですが、ラストにゴーストライダーが再登場しました!これは心強いですね。

 

フレームワークから出てきたあとのコールソンとメイの会話も良かったです。メイはかなり早くからLMDに入れ替わってたので、その間のことが気になるけど、コールソンはLMDのメイとキスしてしまったことを打ち明けられない。メイは、約束していたお酒を楽しみにしていたようで、まさかそんなことがあったとは想像もしてないでしょう(笑) フィッツがシモンズを選んでくれたのは嬉しいけど、フレームワーク内でのことでかなり傷ついてます。この二人は、前途多難ですね。

 

 

最終回 世界の終わり

あらすじ
  • フレームワークの世界が壊れ始める中、デイジーはフレームワークをハッキングして、ヨーヨーを手伝おうとする。
  • 架空世界:トリスケリオンでヒドラに捕まっていたヨーヨーはラドクリフに助けられ、彼の案内でシールド基地でマックを見つけたが、ヨーヨーの事は覚えてなかった。世界が消え始めたマックは、ラドクリフとヨーヨーを連れて、自分の家に戻る。
  • エイダはダークホールドの力を借りて、世界を滅ぼそうと企む。そこにロビーがダークホールドを奪いに現れる。ロビーの力で腕に火傷を負い、彼の力を恐れたエイダはダークホールドを持ってテレポートで逃げ去る。
  • メイスの検視報告が外部に漏れ、インヒューマンズでなかったことが世界にバレたため、タルボットから審問会に来るよう言われたコールソンだったが、エイダ捜索のため出来ないと断る。ロビーと合流したコールソン達は、エイダとダークホールドを元の場所に戻したがっているゴーストライダーの力を借りて、エイダを倒すために動き出す。
  • 審問会に出席したサペリアーは、ダークホールドを使ってシールドとインヒューマンズを滅ぼそうと提案するが、タルボットが反対する。そこに現れたLMDのデイジーがタルボットを銃で撃つ。遅れてきたコールソン達はダークホールドを取り戻すが、エイダを取り逃がしてしまう。
  • エイダがゴーストライダーを恐れていることを知ったコールソンは、バスの電力も残り少なくなりシールド基地に戻ることにする。
  • シールド基地で、フレームワーク内に出口を作る準備をしていたフィッツシモンズの前に、エイダが現れる。そして、フィッツを苦しめるため、シモンズを殺してしまう。ダークホールドを取り戻すため、コールソンの前に現れたエイダだったが、銃を持った本物のシモンズに撃たれる。ゴーストライダーになっていたコールソンに襲われ、テレポートで逃げようとするエイダだったが、逃げられずゴーストライダーに焼き殺される。
  • 架空世界:世界がどんどん消える中、デイジーの用意した出口が現れるが、マックはそれでも架空世界に戻ろうとしない。マックを置いていけないヨーヨーも残ろうとする。しかし、ホープが消えてしまい、2人は架空世界が消え去る前に、現実世界へ帰ってくる。ラドクリフは、1人浜辺で夕日を眺めながら酒を飲もうとするが、口にする前に消える。
  • ロビーは、ダークホールドを安全な場所へ持っていくため、自分でゲートを開き、ゲートを通って消えて行った。
  • タルボットは一命を取り留めたが、チームに追手が向かってることが分かる。フィッツは責任を負い、1人残ろうとするが、デイジーの説得もあってチーム全員で責任を負う道を選ぶ。追手に捕まったコールソンが収監されているのは、宇宙空間のどこか。外を眺めながら、コールソンが「仕事にかかるぞ」と呟く。

 

感想

エイダとサペリアーの最期、あっけなかった~!!!かなり手こずったのに。まさか、コールソンまでゴーストライダーになるとは。エイダがシモンズを殺すシーンには、ちょっと驚いたけど、冷静に考えれば、あれはLMDですよね。タルボットが撃たれたシーンのほうがビビったけど、なんとか生きてるみたいで良かったです。タルボットにも死んでほしくない。マックも無事に帰ってきたし、チームは捕まっちゃったけど、まぁ良かったのかな?メイスがいなくなったのは、結構ショックですが…。1シーズンだけのキャラクターにしては、ちょっと勿体ないなぁ。

 

最後には、ゴーストライダーダークホールドを安全な場所へ持っていくため、別世界に行ってしまいました。その際、自分でゲートを作っていたけど、あれ、『Dr.ストレンジ』のあれと似てません??

f:id:xxxxlv69:20170910145053p:plain

アメリカでは、『Dr.ストレンジ』が公開されて、しばらく経ったくらいのエピソードだから、全くの無関係ってことはないと思うんですよね。あれだけそっくりで、同じ世界観を持ってるのに、無関係のほうがおかしいですし。ただ、『Dr.ストレンジ』のほうは、どこでもドア的な感じだったのに、ロビーの出したやつは、別次元の世界に行っているように思ったんですけど、その辺はどうなんでしょう…。新シーズンの登場はあんまり期待しない方がいいような終わりだったけど、お気に入りのキャラになったので、数話でもいいから登場してほしいです。

 

そして、もう一つ気になるのが、逮捕されたコールソンの居た場所。あのシーンからは、宇宙にいるとしか考えられないんですけど、このシリーズでは何があってもおかしくないですからね。MCUの世界観もどんどん広がっているので、本当に宇宙にいたとしても何もおかしくありません。

 

 

シーズン6について

新シーズンですが、すでに撮影が始まっていて、通常通りなら、アメリカでの放送はもうすぐ始まると思います。

 

f:id:xxxxlv69:20170910152719j:plain

 

そして嬉しいのが、ハンターが新シーズンで帰ってくるそう。個人的には、今シーズンのウォードを上回るサプライズかも。もしかしたら、ゲストかもしれないけど、それでも嬉しい。スピンオフが白紙になってしまいましたからね。ボビーも戻ってほしいけど、そちらは何も分かりません。

 

ew.com

 

日本での放送は、大体1年遅れなので、見れるのは来年になりそうですが、このシリーズは、映画とも連動してるので、放送時期があまりにずれると、ごちゃごちゃになって分かりづらいのが本音です。映画自体の公開時期もアメリカに比べて遅くなっているので、何とも言えませんが、もうちょっと早く放送してほしいです...。とはいえ、新シーズン、どんな展開が待っているのか楽しみです!